iPhoneのメール着信音を変えようかと。

日曜日 , 9, 10月 2011 Leave a comment

iPhone5 発売されませんでしたね。。。
iPhone4のSMS/MMSのメール送信音が気に入らず変えようと思ったのですが、普通には変えられないようでitle=”ゆう★” class=”emoji” border=”0″ align=”absmiddle” />
そして、メール着信音と電話の着信音って別物なんですね!?
これって普通のことでしたか。。。
たかがメール着信音を変えるのに一苦労とは!
やはり、Apple様がオススメするものは洗練されたものですが、オススメしてないものは非常に使いづらい。
昔ながらのApple様健在ですねっ!!
しかしながらやはり抜け道はあるようで。
あれこれと調べていて脱獄というのを知りました。。。
本来iPhoneはApp Storeで配布されているものにかインストールできませんが、脱獄するとApp Store以外で配布されているアプリケーション(要するにアップルの認可を受けていないアプリケーション)が動作可能にできるようです。ただしメーカーが非推奨なことをやるわけでリスクもあります。
iPhone以外でも脱獄という言葉は使われるようです。イメージ的には、コンピュータ機器の制約を緩めていろいろなところをカスタマイズ可能にするといったところでしょうか。
さらにネットであれこれ探していたら
WinterBoard
iphonebrowser
iFunBox

などいくつかツールっぽいのがあるようで、そのうちのiFunBoxをDLしてインストール。
一般的なフォルダは見えるようですが、rootフォルダは見えません。
どうやらこれらのツールは脱獄後使うツールなようです。
iPhone脱獄するにはJailbreakMeというのがやはりメジャーなようなのですが、iOS 4.3.5はまだ未対応の様子で。
redsn0w 0.9.9というのを使えばできそうではありますが、iOS5も気になるしもういいや。。。
冒頭にも記載しましたが、メール着信音と電話の着信音は同じものかと思っていまして、先に着信音を探してたんですね。クラシカル系のもの。
そしたら無料でいくつか好みのものがあったので備忘録。
自作っぽい曲のサイトが上位ヒットしてくる中、知ってる曲の着信音だったのでよかったです~手
IPHONE用の着メロ
iPhone用 クラシック着メロ 無料ダウンロード

JUGEMテーマ:iphone


関連リンク
触ってみましたiPhone4S~音声認識などが進化
中国で偽「iPhone5」出回る…3600円也!
中国の大らかさ?(苦笑)の一例が最近読んだ本(「最後の冒険家」にあったので。
特殊なビザ発給がやはり役人もしくは国家の顔色次第でまともな基準がなさげ。
どういうことかというと、一度は発給されたが、数年後同様の内容で申請したら通らなかったというもの。

【送料無料】最後の冒険家

【送料無料】最後の冒険家
価格:1,680円(税込、送料別)

–追記–
こんな記事もありました。
iPhone 4Sの「4S」は「Forスティーブ」(スティーブに捧げる)
ソフトバンク「解約」に殺到・アクセス困難に 「auからiPhone5発売」報道で
よくわからないけど、iPhone日本上陸の際はいくつかリスクもありましたよね?
それでdocomoは降りたんですよね!?
リスクよりもリターンが大きいと判断されたからauが参入ですか。
ビジネスなので当たり前ではありますが、こすいですよね。
いまだに通話品質の改善が進まないSoftbankはちゃんと反撃できるのでしょうか。。。
スティーブ・ジョブズ「現代のレオナルド・ダ・ビンチだった」(孫正義社長)
という記事に

ソフトバンクの孫正義社長は「彼は芸術とテクノロジーを両立させた人物。現代のレオナルド・ダ・ビンチだった」と言い、マイクロソフトの西和彦副社長は「ジョブズは東洋と西洋の融和を常に考えていた。彼の凄いところは、それまでのオーディオの主流であったCDを完全にノックアウトしたこと」と偉業を称えた。これからのアップル社はどうなるのか。世界が見守っている。

という記述があり驚いた!
西和彦さんってあの、ASCIIの!?
ってか、昭和61年までみたいなんだけど!?
そういえばASCIIの前はマイクロソフトにいたような気もしますが、、、いくらなんでもこの記事の肩書き古すぎるんじゃないか。。。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。